更年期の特徴

特徴と症状

医者

更年期障害についてはいろいろと知られるようになって来ていますが、まだまだ知られていないことがたくさんあります。ここでは、更年期障害のあまり知られていないことに焦点をあてていくことで、その特徴を明らかにしていきます。更年期障害は、更年期になると必ず発症するものではありません。更年期を迎えても全く症状が見られない人もいますし、その反対に若年層であるにもかかわらず更年期障害になる人もいます。もちろん、加齢による女性ホルモンのバランスの乱れが大きな要因なので、やはり40歳以上の人がその対象になることがほとんどです。しかしながら、ストレスによっても更年期障害は引き起こされるのです。意味もなく顔がほてる、胸に痛みを感じる、汗がとまらない、などの症状があれば注意が必要です。

女性に特有の病気

更年期障害は女性に特有の病気です。これはその原因が女性ホルモンのバランスの悪化であることからもわかります。更年期は実際の年齢としては45歳から55歳にあたりますが、この時期はいわゆる閉経の時期です。更年期障害はこうした時期に生じる自律神経症のことです。この年代の女性はストレスを感じることも多く、そのストレスの影響が大脳皮質などに悪影響をもたらして、心身の不安を感じさせるのです。この精神症状がホルモンバランスによる自律神経症と重なって、更年期障害の症状を一艘複雑にしています。症状は何も精神的なものばかりではありません。身体に表れる症状もあります。この年代の女性に特有の悩みが肩こりです。実はこの肩こりも更年期障害のひとつの症状であることが多いのです。