更年期の特徴

医者

更年期障害は、更年期の女性に特有の自律神経症の1種です。閉経の時期の女性は、精神的なストレスも感じやすいので、そのストレスが大脳皮質に影響を与え、心身の不安を感じさせます。身体的にも悪影響をもたらすので、更年期障害を一層複雑なものにしています。

健康な生活を送るために

病気への対処法

医者

更年期障害の症状で悩んではいませんか。治療薬に頼らない、毎日の生活の中で治療できる方法をご紹介します。更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に減少することで起こる障害です。規則正しい生活を心がけることももちろん大切ですが、まずは食事から見直していきましょう。更年期障害の治療に良いとされている食べ物は、大豆類などに含まれているイソフラボンです。大豆イソフラボンは、体内に摂取することにより、減少した女性エストロゲンの代わりとなってくれるのです。ほてりや発汗など、更年期障害の症状に効果的です。血の流れも良くなり、ホルモンバランスの乱れも整えられ大変効果的な成分です。豆腐や豆乳などの豆類の食品を上手に食事の中に取り入れていきましょう。

正しい知識を身につけよう

更年期障害は40代前半頃から症状が出てくることが多く、身体的症状から精神的症状まで、中には生活に支障をきたすほど辛い症状の方もいます。精神的な症状の場合は自律神経の乱れを整えるために、カウンセリングなどの心理療法を行います。ホルモン療法などもありますが、漢方薬やサプリメントなどを摂取する治療法もあります。年々研究が進み、更年期障害に効果がある良いサプリメントが出てますので、上手に生活の中に摂りいれて更年期障害の症状を暖和することができます。まずは、自分の体の事を知ることが大切です。現在は、医療技術が進歩しているので、更年期障害になってしまっても正しい治療を受ければ改善することができます。病気に対しての正しい知識を身につけ対処するようにしましょう。

さまざまな症状と検査方法

女性

更年期障害の症状は、次の3つに分類できます。自律神経失調症状、精神症状、そのほかの症状の3つです。症状が多岐にわたるので、いろいろな診療科を回ることもあります。もっとも、まず第一に検査することは血液ホルモンの検査です。

様々な治療方法がある

女性

更年期障害の症状には、次の2つのタイプがあります。自律神経失調症状と精神症状です。各々の症状には、各々の治療方法があります。ただし、どちらにも投与される可能性が高いのはホルモン補充療法とよばれるものです。